Mac の故障は夏場に多い
内部冷却ファンテスト

発熱によって Mac が故障する?

暑い夏に MacBook Air や MacBook Pro を使っていると、底面の部分が熱くなります。しかも、思った以上に熱くなります。これは Mac のプロセッサやメモリ、そしてバッテリーなどが発熱をするためで、とくに高性能モデルや、Mac に大きな負担をかけるようなソフトウェアを使っている場合に発熱量も多くなります。あまりにも発熱する場合、その熱で Mac 自身が故障する可能性もあります。実際に Mac の修理専門店などでお話を伺うと、夏は気温と湿度の影響で修理で持ち込まれる Mac が増えるとのことです。室温 25 〜 30℃ に対し、各パーツ温度が 40 〜 45℃ 程度なら正常の範囲内と言われています。

新搭載の「内部冷却ファンテスト」

すべての Mac には、さまざまな部品の温度を調整するためのファンが備わっています。冷却用のファンを持つ一般的な部品としてはプロセッサーとハードドライブがあります。Mac のモデルに応じて、1 つから最大 5 つまでの多種にわたるファンのレイアウトを使用し、ファンが正常に動作しなければなりません。TechTool Pro 9 では、利用可能な任意のファンの現在速度を上昇してから基本速度に戻すことによって、お使いの Mac のファンが必要に応じて冷却を高めることができるかを検証します。

発熱によって Mac が故障する?

暑い夏に MacBook Air や MacBook Pro を使っていると、底面の部分が熱くなります。しかも、思った以上に熱くなります。これは Mac のプロセッサやメモリ、そしてバッテリーなどが発熱をするためで、とくに高性能モデルや、Mac に大きな負担をかけるようなソフトウェアを使っている場合に発熱量も多くなります。あまりにも発熱する場合、その熱で Mac 自身が故障する可能性もあります。実際に Mac の修理専門店などでお話を伺うと、夏は気温と湿度の影響で修理で持ち込まれる Mac が増えるとのことです。室温 25 〜 30℃ に対し、各パーツ温度が 40 〜 45℃ 程度なら正常の範囲内と言われています。

新搭載の「内部冷却ファンテスト」

すべての Mac には、さまざまな部品の温度を調整するためのファンが備わっています。冷却用のファンを持つ一般的な部品としてはプロセッサーとハードドライブがあります。Mac のモデルに応じて、1 つから最大 5 つまでの多種にわたるファンのレイアウトを使用し、ファンが正常に動作しなければなりません。TechTool Pro 9 では、利用可能な任意のファンの現在速度を上昇してから基本速度に戻すことによって、お使いの Mac のファンが必要に応じて冷却を高めることができるかを検証します。

その他のテックレビューを見る
TechTool Pro 9 の詳細ページへ