システムを安定させるためのコツ - 15% の空き領域ルール
TechTool Protection

Unix ベースのシステム全般における一般的なガイドライン

起動ボリュームには最低 15% の空き容量を確保するべきです。さらに多くの上級ユーザの意見では、空き容量は 25% 以上を保つというのが常識になっています。15% の空き領域ルールは、Mac OS 8 や 9、また Unix ベースの Mac OS X においても長年にわたり定番の経験則として知られています。これはドライブ容量の管理に日常の労力を費やすことなく、かつシステムトラブルから使用者を遠ざけるための大雑把な教えという大切な役割を果たしてくれています。

パフォーマンスの低下は解消するコツは、ボリュームの連続した空き領域の確保

起動ボリュームの場合、単に仮想メモリが正常に機能するためには、スワップファイルとして使用する空き領域、すなわち搭載する物理 RAM 容量の 4 倍、場合によっては 8 倍に相当するだけの空きが必要です。Tiger 以降、スワプファイルが断片化してもカーネルパニックを起こすことはなくなりました。ですがスワップファイルが断片化すると、パフォーマンスが苦しくなり、いろいろと大変なことがあっという間に起き始めます。ボリュームの空き領域を増やすことで、断片化が生じない連続した空き領域を十分に確保できる確率が高くなります。ここで言う「連続した」とは飛び飛びのブロックではなく、ひとかたまりの領域という意味です。

スワップファイルに加え、ノート型の Mac の場合、不可視の /private/var/vm に sleepimage ファイルが生成されます。これは物理 RAM と同じ容量になります。(注1

注1:セーフスリープ機能によって、スリープするたびに RAM 上の内容がsleepimage ファイルに書き込まれます。スリープ中にバッテリーがなくなってしてしまった場合などでも、安全に情報を確保するための仕組みです。OS X Mavericks 10.9 以降ではメモリ圧縮により sleepimage の容量も圧縮されます。

Spotlight インデックスも次第に大きなディスク領域を必要とするようになります。新しくファイルを追加するにつれ、Spotlight インデックスが大きくならなければ、その新しいファイルが Spotlight で探せません。

Mac OS X 10.4 から、Apple は拡張属性ファイルと呼ばれる新たなディスクディレクトリファイルを採用しました。これにもディスク領域が必要です。新しくシステムソフトウェアのアップデートがされるたびに、新たな機能のためのさらなるディスク領域が必要になる傾向があります。

断片化が生じない連続した空き領域を確保する必要性

ディスクディレクトリを再構築する必要がある場合、カタログ B ツリー、およびエクステント B ツリーはディスク上で連続した空き領域に書き込む必要があります。これらファイルは一旦作成されてしまえば断片化しても問題ありませんが、作成時には一ヶ所で作成する必要があります。カタログ B ツリーやエクステント B ツリーのサイズはユーティリティなどを使用して確認することができます。これらの当初のサイズはそのボリュームを作成する時に決定されます。カタログ B ツリーのサイズはボリューム上に一定以上のファイルが追加されると増やされます。エクステント B ツリーのサイズは一定以上のファイルが断片化した場合に増やされます(Apple ではエクステント B ツリーをエクステントオーバーフローファイルと呼んでいます) 。

最適化ユーティリティが動作するにはやはり連続した空き領域が必要になります。TechTool Pro の場合では断片化をするファイルの中で一番サイズが大きいものと同じ連続した空き領域が必要です。ドライブに空きが少なければ、断片化を解消するのに必要となるこの条件を満たせる可能性も低くなります。

「15% の空き領域ルール」の根拠のキモ

  • スワップファイルに利用できる領域、それも断片化しないように連続した空きの状態である必要がある(断片化すると、途端にシステムが不安定になるため)。
  • ノート型の場合は、sleepimage が案外容量を必要とする(定期的に再起動して解放するようにしましょう)。

「15% の空き領域ルール」に沿った、TechTool Protection

TechTool Pro 9 をインストールすると、同時に「TechTool Protection」のインストールも促されます。この TechTool Protection は、S.M.A.R.T. チェックやゴミ箱のキャッシュなど、バックグラウンドで動作する機能が備わっていますが、その中で「ボリューム使用状況」を監視する項目があります。ボリュームの使用領域が任意の割合(%)になった場合に警告アラートがでますが、ここでもデフォルトの空き領域の割合は「15%」で設定されています。

Unix ベースのシステム全般における一般的なガイドライン

起動ボリュームには最低 15% の空き容量を確保するべきです。さらに多くの上級ユーザの意見では、空き容量は 25% 以上を保つというのが常識になっています。15% の空き領域ルールは、Mac OS 8 や 9、また Unix ベースの Mac OS X においても長年にわたり定番の経験則として知られています。これはドライブ容量の管理に日常の労力を費やすことなく、かつシステムトラブルから使用者を遠ざけるための大雑把な教えという大切な役割を果たしてくれています。

パフォーマンスの低下は解消するコツは、ボリュームの連続した空き領域の確保

起動ボリュームの場合、単に仮想メモリが正常に機能するためには、スワップファイルとして使用する空き領域、すなわち搭載する物理 RAM 容量の 4 倍、場合によっては 8 倍に相当するだけの空きが必要です。Tiger 以降、スワプファイルが断片化してもカーネルパニックを起こすことはなくなりました。ですがスワップファイルが断片化すると、パフォーマンスが苦しくなり、いろいろと大変なことがあっという間に起き始めます。ボリュームの空き領域を増やすことで、断片化が生じない連続した空き領域を十分に確保できる確率が高くなります。ここで言う「連続した」とは飛び飛びのブロックではなく、ひとかたまりの領域という意味です。

スワップファイルに加え、ノート型の Mac の場合、不可視の /private/var/vm に sleepimage ファイルが生成されます。これは物理 RAM と同じ容量になります。(注1

注1:セーフスリープ機能によって、スリープするたびに RAM 上の内容がsleepimage ファイルに書き込まれます。スリープ中にバッテリーがなくなってしてしまった場合などでも、安全に情報を確保するための仕組みです。OS X Mavericks 10.9 以降ではメモリ圧縮により sleepimage の容量も圧縮されます。

Spotlight インデックスも次第に大きなディスク領域を必要とするようになります。新しくファイルを追加するにつれ、Spotlight インデックスが大きくならなければ、その新しいファイルが Spotlight で探せません。

Mac OS X 10.4 から、Apple は拡張属性ファイルと呼ばれる新たなディスクディレクトリファイルを採用しました。これにもディスク領域が必要です。新しくシステムソフトウェアのアップデートがされるたびに、新たな機能のためのさらなるディスク領域が必要になる傾向があります。

断片化が生じない連続した空き領域を確保する必要性

ディスクディレクトリを再構築する必要がある場合、カタログ B ツリー、およびエクステント B ツリーはディスク上で連続した空き領域に書き込む必要があります。これらファイルは一旦作成されてしまえば断片化しても問題ありませんが、作成時には一ヶ所で作成する必要があります。カタログ B ツリーやエクステント B ツリーのサイズはユーティリティなどを使用して確認することができます。これらの当初のサイズはそのボリュームを作成する時に決定されます。カタログ B ツリーのサイズはボリューム上に一定以上のファイルが追加されると増やされます。エクステント B ツリーのサイズは一定以上のファイルが断片化した場合に増やされます(Apple ではエクステント B ツリーをエクステントオーバーフローファイルと呼んでいます) 。

最適化ユーティリティが動作するにはやはり連続した空き領域が必要になります。TechTool Pro の場合では断片化をするファイルの中で一番サイズが大きいものと同じ連続した空き領域が必要です。ドライブに空きが少なければ、断片化を解消するのに必要となるこの条件を満たせる可能性も低くなります。

「15% の空き領域ルール」の根拠のキモ

  • スワップファイルに利用できる領域、それも断片化しないように連続した空きの状態である必要がある(断片化すると、途端にシステムが不安定になるため)。
  • ノート型の場合は、sleepimage が案外容量を必要とする(定期的に再起動して解放するようにしましょう)。

「15% の空き領域ルール」に沿った、TechTool Protection

TechTool Pro 9 をインストールすると、同時に「TechTool Protection」のインストールも促されます。この TechTool Protection は、S.M.A.R.T. チェックやゴミ箱のキャッシュなど、バックグラウンドで動作する機能が備わっていますが、その中で「ボリューム使用状況」を監視する項目があります。ボリュームの使用領域が任意の割合(%)になった場合に警告アラートがでますが、ここでもデフォルトの空き領域の割合は「15%」で設定されています。

その他のテックレビューを見る
TechTool Pro 9 の詳細ページへ