SSD や Fusion Drive を搭載する Mac にデフラグは大丈夫?
ファイルとボリューム最適化

SSD の性能低下を解消させる、OS X 純正機能の Trim コマンド

SSD は使用し続けると性能が低下していくと言われています。この性能低下を解消させるためには「Trim コマンド」というものを使用する必要があり、純正の SSD や Fusion Drive であれば、OS X のシステムが Trim サポートの有効化を自動的に行っています。Trim サポートの有効化有無はシステムレポートから確認できます。

ただし、Trim だけではファイルの断片化が進行している場合には速度の低下が解消されません。

パフォーマンスの低下に繋がるファイルの断片化

ボリュームでファイルのデータの書き込みと削除が繰り返されると、ドライブ内の連続した空きスペースが少なくなります。ファイルは、ボリューム上の空きスペースのあるところにならどこにでも配置されます。あるファイルを保存するのに十分な一続きの空きエリアがない場合、ファイルは分割して保存され、結果としてファイルの断片があちこちに配置されることになります。この状態は見えませんので、ファイルは 1 つの完結した論理アイテムのように見えますが、多くの場合、実際にはいくつもの断片に分割されてディスク中に散らばっています。 断片化はボリューム上のファイルへのアクセス速度に影響します。ファイルの読み書きの速度が低下し、最適な動作が実現できなくなります。

SSD や Fusion Drive にも有効な「ファイル最適化(デフラグ)」

TechTool Pro 9 の「ファイル最適化(デフラグ)」を実行することで、SSD や Fusion Drive のボリューム上の個々のファイルの断片化を解消できます。ただし、SSD や Fusion Drive はデータの書き込み回数に上限があり、デフラグを実行することで書き込み回数が増えていきます。その為、SSD や Fusion Drive へのデフラグは半年に一度程度で問題ありません。

ファイル最適化は、Mac の日々のメンテナンス作業の一つとして活用するとよいでしょう。断片化されたドライブが Mac に問題を起こすことはありませんが、パフォーマンスが低下する原因になります。

SSD の性能低下を解消させる、OS X 純正機能の Trim コマンド

SSD は使用し続けると性能が低下していくと言われています。この性能低下を解消させるためには「Trim コマンド」というものを使用する必要があり、純正の SSD や Fusion Drive であれば、OS X のシステムが Trim サポートの有効化を自動的に行っています。Trim サポートの有効化有無はシステムレポートから確認できます。

ただし、Trim だけではファイルの断片化が進行している場合には速度の低下が解消されません。

パフォーマンスの低下に繋がるファイルの断片化

ボリュームでファイルのデータの書き込みと削除が繰り返されると、ドライブ内の連続した空きスペースが少なくなります。ファイルは、ボリューム上の空きスペースのあるところにならどこにでも配置されます。あるファイルを保存するのに十分な一続きの空きエリアがない場合、ファイルは分割して保存され、結果としてファイルの断片があちこちに配置されることになります。この状態は見えませんので、ファイルは 1 つの完結した論理アイテムのように見えますが、多くの場合、実際にはいくつもの断片に分割されてディスク中に散らばっています。 断片化はボリューム上のファイルへのアクセス速度に影響します。ファイルの読み書きの速度が低下し、最適な動作が実現できなくなります。

SSD や Fusion Drive にも有効な「ファイル最適化(デフラグ)」

TechTool Pro 9 の「ファイル最適化(デフラグ)」を実行することで、SSD や Fusion Drive のボリューム上の個々のファイルの断片化を解消できます。ただし、SSD や Fusion Drive はデータの書き込み回数に上限があり、デフラグを実行することで書き込み回数が増えていきます。その為、SSD や Fusion Drive へのデフラグは半年に一度程度で問題ありません。

ファイル最適化は、Mac の日々のメンテナンス作業の一つとして活用するとよいでしょう。断片化されたドライブが Mac に問題を起こすことはありませんが、パフォーマンスが低下する原因になります。

その他のテックレビューを見る
TechTool Pro 9 の詳細ページへ