そのトラブル、RAM が原因かもしれません..

Mac の RAM を徹底的にチェックしましょう

ほとんどのMacのフリーズアップ、クラッシュ、その他の障害は簡単に見つかります。壊れたソフトウェア、不良ドライブ、またはその他の問題のある周辺機器の問題は、いくつかの簡単な作業で解決できます。



しかし、簡単には解決できないランダムで説明のつかない問題があります。コンピューターが待機状態のときにシステムがフリーズするということです。瞬間的なロックアップ。消えることのないビーチボール。ランダムに表示される奇妙な色のピクセル、または不可解に消える通常のピクセル。再起動しても、保存されていない作業が失われるだけです。


これらの問題は、多くの場合、メモリの障害が原因です。多くのメーカーがモジュールを必要以上にテストしないまま出荷されております。

また、まれに不良なメモリモジュールは、Macの初回起動直後に障害を示すことがありますが、部分的に障害のあるメモリモジュールはそうではありません。

これは、実際にはまったく正常ではないメモリーがあたかも正常のように見えるものを何時間も診断することにつながる可能性があります。このパターンが一番厄介です。


そのため、Micromat社はMacで利用できる最も高度なメモリテスタであるATOMICを開発しました。作成から2年で、Mac用に作成された中で最も広範囲なRAMテストプログラムを作成しました。 1日に複数のコンピューターで作業する技術者でも、自分のマシンのトラブルを事前に無くしておきたい日常のユーザーのために、ATOMICが作られました。


メモリーテストは非常に簡単でマニュアルを読む必要はございません。潜在的な問題をより深く掘り下げたい人のために、より広範なテストオプションが利用可能です。

ワンクリックでメモリーチェックが可能
とても簡単。チェックしたいメニューを選択し、スタートを押すだけ。動画を是非ご覧ください。
Atomic(アトミック)
製品バリエーション
通常版
新規購入の方はこちら
6,323円
  • ダウンロード版(永続版)
  • 1台用
購入ページ
ビジネス版
10ライセンスパック
法人向け
20,238円
  • ダウンロード版(永続版)
  • 10台用
購入ページ
Techtool Proには、ない5つのチェックでMacも安心

Techtool Proと比較したATOMICの重要な違いは、テスト前に使用可能な空きメモリを最大化することです。

TechTool Proでは、その時点で使用可能な空きメモリのみがテストされます。最近起動したアプリケーション用にシステムが保持している空きメモリの残りを(まだ)クリーンアップしません。このメモリのクリーンアップ(またはパージ)を強制することにより、ATOMICはTechToolProよりもはるかに大量の空きメモリをテストできます。


ATOMICを使用すると、未使用のメモリを再利用できるため、コンピュータを再起動する必要がなくなります。現在、2GBのRAMを搭載したMacをテストする場合、一貫してはるかに大量のRAM(1.4GBの2GB)をテストします。より多くのメモリを備えた他のMac、たとえば8GBでは、6.5GBがATOMICを使用してテストされます。 TechTool Proのメモリテストは、場合によっては最大6.5 GBに達することがありますが、通常はそれより少なくなります。


そしてもちろん、ATOMICには、現在のバージョンのTechTool Proにはない5つの追加のメモリテストアルゴリズムが含まれています。

TechTool Proとの機能比較
メモリーチェックの比較
Atomic
Techtool Pro
Stuck Address
Random Values
Solid Bits
Individual consulting
Checkerboard
Extended March C
Bit Spread
Walking Ones
Walking Zeroes
Bit Flip
Block Sequence

悲しいMACアイコン?それは、もしかするとあなたのRAMかもしれません。

悲しそうにしているMacアイコンは、現代的なアイコンに置き換えられましたが、それでも技術的な限界の象徴として現在でもよく使われています。 Macのハードウェアは、それとは反対に十分なマーケティングを行っているにもかかわらず、故障があるのも事実です。これは特にMacのメモリに当てはまります。 RAMモジュール(特に交換可能なモジュール)は、取り付けまたは交換すると簡単に損傷します。突然の速度低下、予測できない不要な不具合、およびコンピュータのクラッシュは、それぞれMacのメモリに問題があることを示している可能性があります。

カーネルパニックを防ぐ。

あなたのMacは経験がありますか?すべてが正常に見えても、Macが突然再起動またはフリーズして、このようなグラフィックが表示されます。拡張機能が破損している場合や、Macがネットワークから不正なパケットを受信した場合があります。ただし、多くの場合、これらのカーネルパニックはメモリ不良の結果です。一部のデータは一方向でRAMに入力され、別の方法で出力されました。そのデータを待機していたプロセスは、何をすべきかわかりませんでした。カーネルパニックが発生している場合は、メモリのテストを検討する必要があります。

メモリの問題を解決しよう

メモリには問題があることが多いためMicromat社では専用のツールが必要だと感じました。より多くのメモリでより多くのテストをより多くの制御で実行するATOMICは、Macで利用できる最も強力でカスタマイズ可能なメモリテスタです。

ATOMICは、さまざまなメモリテスト手法を使用してメモリの問題を検出できる専用のメモリテストプログラムです。 MacのRAMに特定の方法で情報を書き込むことにより、損傷したRAMが重要なファイルに損傷を与える前に、問題を検出できます。これらのパターンを使用してメモリ内のデータを変更することにより、一般的なエラーが発生する前に検出できます。 ATOMICがRAMのエラーを検出したら、問題がデータの損失につながる前に、RAMを交換するための手順を実行できます。

Atomic起動後の画面
テスト項目
Stuck Address

最初のパスで、このテストは各メモリセルのアドレスをそのセル自体に書き込みます。 2番目のパスでは、アドレスが読み取られて検証され、アドレス空間の一意性が保証されます。

Checkerboard

このテストは4回合格します。最初はパターンを書き込みます(実行ごとに異なります)。 2番目のパスは、パターンの読み取り/検証と元のパターンの逆の書き込みを行い、残りの2つのパスについて繰り返します。これにより、隣接ビットの感度がチェックされます。これは、変更されているアドレス以外のアドレスが影響を受ける状況です。

Extended March C

このテストでは、メモリを6回通過することで構成される複雑なアルゴリズムを使用します。最初の3つのパスでメモリ内を上方向に移動し、0または1のいずれかを書き込みおよび読み取り/検証します。次の2つのパスは下に移動し、1と0を再度(または)読み取り/書き込みします。最終パスはどちらの方向にも進むことができ、最後の書き込みが成功したことを確認します。このテストは、アドレス障害、カップリング障害、スタックアット障害、スタックオープン障害、および遷移障害を検出します。

Random Values

このテストでは、最初に一連の乱数をメモリに書き込みます。次に、2番目のパスで、初期パターンが検証されます。ランダムな値でテストすると、断続的な問題を見つけるのに役立ちます。このテストは、近隣パターンの感度をチェックするのにも役立ちます。複数回の実行で、温度感度を特定するのに役立ちます。

Solid Bits

このテストは、ソリッドビットパターンをメモリに書き込みます(たとえば、すべて1)。初期パターンがチェックされてから補完され(すべて0に切り替えられ)、再度チェックされます。これにより、すべてのアドレスが読み取りと書き込みの両方であることが確認されます。

Bit Spread

このテストは、101パターンを0のフィールドに移動します。このテストでは、0が予想される1を探すことにより、隣接するセルの変化を検出します。

Walking Ones

ビットパターン00000001から、各メモリセルの書き込みと読み取りを行ってパターンを確認します。 1を1つのアドレスだけ移動してから、位置ごとにテストを繰り返します。このテストは、各ビットが隣接ビットと反対の値を維持できることを確認します。これは、ワード内結合障害と呼ばれます。また、スタックしたアドレスの障害を見つけることもできます。

Walking Zeroes

ウォーキングゼロの逆。 11111110のパターンが開始パターンであり、0はメモリ内を移動します。ワード内結合障害およびスタックアドレス障害の検出に役立ちます。

Bit Flip

ウォーキングワンとゼロを交互の10101010パターンと組み合わせます。テストがメモリ内を移動すると、各ビット(1または0)がその補数に変更され、パターンが壊れていないことを確認します。このテストは、ワード内結合障害およびスタックアドレス障害の検出にも役立ちます。

Block Sequence

このテストは、WalkingOnesおよびZerosテストに似ています。それは、1または0のいずれかのフィールドを介して徹底的な一連のパターンを移動します。ワード内結合障害の特定に加えて、RAMが近隣パターンの感度の影響を受けやすいかどうかを検出するのにも役立ちます。

動作環境:

Intel ベースの Mac
OS X 10.9 ~ macOS 10.15 ‘Catalina’
4GB 以上の RAM

お問合せは act2 ヘルプデスクへ:

https://support.act2.com/hc/ja/requests/new

https://support.act2.com

※ 商品名・および社名は各社の商標または、登録商標です。
※ 製品の仕様および価格・名称は予告なく変更されることがあります。


Copyright © 2020 ACT2.COM All rights reserved.